So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

4月26日(鈴鹿市でのコウモリ対策) [高所作業車でコウモリ対策]


本日のミッションは、三重県鈴鹿市まで出掛け高所作業車を使ってのコウモリ対策です。

ダインコンクリート外壁の凹凸部分と、軒天井の換気見切金具との隙間にコウモリが侵入します。

梯子では届かない場所が有るので、高所作業車を利用しての作業と成りました。

1.JPG

住宅街では2連梯子が掛けれない場所も有ります

4.JPG

隙間にはステンレスメッシュネットを利用して隙間に挿入します

3.JPG

コウモリの侵入箇所には、専用の出口を作成し、夕方飛び出すのを待ちます。

4月25日(面格子防鳥ネット) [春は鳥の巣造りシーズン]

春は鳥にとっては、巣作り子育てシーズンです。産卵の為には鳥の巣を作ろうと必死に場所を探します。

鳥の巣を造り始めたの気付き、巣を撤去したとしても翌日には巣作り開始して直ぐに造り直します。

撤去出来無い様な場所に巣作りされた場合は大変です。1.JPG

面格子の枠と軒天井のスペースえお利用して巣作りを始めました。

手の入る様な場所ではない為に、撤去が出来ません。

2.JPG

面格子を取り外して毎回清掃するのは至難の業です。

4.JPG

面格子に防鳥ネットを取付け巣作りを防止しました。

4月24日(ムカデに2回も噛まれた) [ムカデの性質]

本日のミッションはムカデ対策 SCキーパー取付作業です。

三重県津市河芸町まで出掛けての対策作業を行いました。2回もムカデに噛まれた経験の有る施主様にとっては、ムカデはトラウマの対象との事です。

今年も、ムカデの出現する前に対策を!と言う事で、本日ムカデ返し『SCキーパー』を取付けました。

1.JPG

SCキーパーを取付けると早速、ムカデが侵入してきました。

ムカデは姿を隠したいので、狭いスペースを好みます。

6.JPG

ムカデ返しのトレイに中に薬剤が補填して有るので、薬剤に直接触れるので効き目が早いです

4.JPG

狭い場所でも設置可能

4月22日(音楽教室のしろあり調査) [ピアノ2台の床下状況]

本日のミッションは、音楽教室の床下しろあり調査です。

アップライトピアノが2台設置して有ります。

床下の調査は一度もされた事が無いとの事で、先ずは点検口を探りますが、点検口は有りませんでした。

和室側の畳を上げ、点検口を作成して床下へと入りました。

1.JPG

蟻道を壊すとシロアリが出て来ました。

2.JPG

大引きはサクサクとケレンが通り抜けします

3.JPG

根太掛けも大引きもアレレレ簡単に刺さってしまいます

4.JPG

この床上にアップライトピアノが2台も設置されてます・・・・

DSC00827.JPG

ここの大引きも被害に遭い、垂木も食害されてます。

2台のアップライトピアノの重さは?

考えただけでも・・床下からすぐに出て来ました(汗)

4月21日(天井裏の子猫) [天井裏で猫繁殖]

天井裏で子猫が生まれた様です。

ネコが侵入し繁殖して居た事には、施主様は全く気付かれなかったとの事でした。

今回、洗面所の壁の中に子猫が落ち込み、2日間猫の鳴き声が泣き止まないので、初めて子猫の存在に気付かれました。


子猫救出作戦と猫侵入防止の補修工事見積と成りました。

2.JPG

お風呂の上に敷きこまれた断熱材を棲みかにしています

1.JPG

断熱材は衝動部の営巣繁殖にもってこいの場所と成ります

3.JPG

親猫は子猫を残し帰ってこないようです。

通常では子猫の尿は親猫がなめて吸収してしまいます。

天井板の上に猫の尿が残る様な事は有りません。

4月20日(バードワイヤー施工) [屋根の鳩対策]

本日のミッションは、屋根上のハト対策です。

晴天にも恵まれ、穏やかな日和で屋根上でのハト対策には打って付けの施工日でした。

工場の屋根にハトが飛来休憩を行う為、飛来休憩防止のバードワイヤーを設置しました。

1.JPG

鼻隠しの上部のバードワイヤーを設置

3.JPG

先ずはワイヤーを取付けるステーをボルトオン

2.JPG

折半屋根にはパイラックで取り付けます

4.JPG

ワイヤーにスプリングを取付けてステーに止めます

見た目もスッキリ!これで安心出来ます。


4月19日(小動物侵入調査) [入母屋造りに小動物侵入]

本日のミッションは小動物侵入調査です。

入母屋造りは屋根が重なる部分が出来るので、その分隙間も空きやすく、小動物の侵入が起こり得ます。

30年もの間小動物など侵入した事が無いのに、今年に成って初めて徘徊を聴き始めた!と言われる施主様が多いです。

其れもそのハズ。小動物(特定外来生物)が繁殖傾向にあり、宅地で被害が目立ち始めました。市町村でも補助を出して有害生物捕獲駆除に対応してる場所も有ります。

本日は侵入口の調査依頼です。

1.JPG

屋根が幾重にも重なる入母屋と切妻屋根のお家は、

侵入箇所があっちこっちに有りそうです。

2.JPG

切妻住宅の屋根と入母屋住宅の接合 大きな谷樋が繋がります。

3.JPG

破風板と瓦の隙間の奥に天井裏が見えます。

屋根回り、基礎回り、各所に侵入可能な隙間が確認されました。


4月18日(ネズミの出口作成) [ネズミ駆除]

ネズミ駆除現場のチェックです。

ネズミ駆除作業と同時に再侵入をさせない為の補修工事、いわゆる防鼠工事も同時進行させます。

防鼠工事は、目線を変えてチェックを行います。同じ人が何度見ても気付かない隙間存在しないとも限りません。従って、違う担当者が再度隙間のチェックを行います。

今日は、私が点検して回りました。

先ずはネズミの出口の調査です。

6.JPG

ネズミの生息確認が出来るように仕掛けた、出入り口には足跡は付いていません。

4.JPG

入母屋造りの破風板部分 軒天井ともやの隙間が各所に存在

5.JPG

隙間は板金をビス止め補修で完璧ですね!これなら安心


4月17日(ハクビシン侵入) [天井裏のハクビシン]

本日のミッションは、天井裏の小動物調査です。

2月頃から天井裏に何かが侵入し始めた気配を感じられたそうです。

しばらく様子を見ていた様ですが、一向に治まる気配が無く、先週土曜日に大工さんと板金屋さんとで補修を行なったそうです。

しかしながら、未だ天井裏で徘徊音が聞こえるとの事で、調査依頼が入りました。

早速天井裏へ入りチェックを行います。

1.JPG

狭いスペースから顔を覗かせたのは、ハクビシン君です。

2.JPG

あれあれ!尾っぽが2本有ります。

こりゃまずいですね!繁殖期に入っているのかな?

3.JPG

断熱材も所々荒らされてます。困った侵入ものです!


4月15日(コウモリ調査) [破風板と瓦の隙間にコウモリ]

本日のミッションは、破風板と瓦の隙間に侵入するコウモリ対策現地調査です。

いよいよコウモリの脱糞が目立ち始めます。夜の外気温と密接な関係を持つコウモリ飛来休憩は、夜の外気温が15度以上に成ると、屋外で休憩する事が多く成ります。

破風板と瓦の隙間もしかり。殆ど外部に接する破風板と瓦の隙間は、コウモリにとっては願ったりの休憩ポイントと成ります。

3.JPG

ザラツキ感の有るサイディングタイプの破風は、

先ず休憩し易い第一の条件をクリア!

5.JPG

砂状の塗装仕上げと成る破風板に捕まり、瓦の隙間に侵入します

4.JPG

コウモリにとってはラッキーな休憩場所が確保できました。


前の10件 | -