So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

5月29日(天井裏のシロアリ工事) [シロアリ駆除工事]

本日のミッションは、シロアリ駆除工事です。

洗面所から羽アリが群飛して、シロアリ被害に初めて気づかれました。

洗面所・浴室の天井裏からの駆除作業も行いました。

1.JPG

主要部材は鉄骨造りですが、内装間仕切りは木材です

穿孔した木材の切りくずをバキューム清掃

2.JPG

壁面に入れた断熱材と柱を蟻土で密着させています

4.JPG

ゆっくりと、少しづつ薬剤を柱の中へ注入させます



5月27日(豊川市でSCキーパー取付) [ムカデ対策はSCキーパー]

本日は豊川市まで出掛けてSCキーパーの取付作業です。

まだまだ新しいお家ですが、お家の中で小さなムカデを2回程発見されたそうです。

新しいお家で隙間も無いのに何故? ムカデが侵入?と思われますが、ムカデは2㎜程の隙間が有れば侵入可能です。

15㎝級の大きなムカデは4㎜~5㎜の隙間で侵入しますので、ほとんどのお家でムカデはwelcome状態です!

1.JPG

玄関からの侵入は多く、ドアパッキングの隙間に潜む事しばしば起こり得ます

4.JPG

玄関の段差部分は2段構えで対策を行います。

7.JPG

仕上がりもスッキリで、これで安心!


5月26日(キツネが入る) [まさか?のキツネ]

今月初めからハクビシン対策を行っている施主様宅で、2頭捕獲しました。

まだ心配との事で、暫くは囲いワナを設置した状態にしていました。

今朝ほど、何やら捕獲されてます!との報告を受けチェックに伺うと・・・・まさかの

2.JPG

子犬君が捕獲されてしまったのか?と、思いきや・・・

1.JPG

この風貌は子犬ではないですね!

4.JPG

特徴有る尻尾でお分かり! キツネが住宅街で捕獲されてしまいました。

早々、自然に返す事とします。

5月25日(ベタ基礎でのシロアリ被害) [断熱材の結露を利用するシロアリ]

本日のミッションは、ベタ基礎構造のお家でのシロアリ調査です。

地中から蟻道を作り、束石→束柱→大引きへと食害をするヤマトシロアリ。

本日、調査したお家はベタ基礎で、基礎と床下コンクリート打設面には隙間は有りません。一体どこからシロアリが侵入しているのか?を、我々が一番気に成るところです。また、それを突き止めなければ成りません。

被害状況から察するに、床面に敷きこまれたグラスウールの断熱材の結露水を利用して食害が進んでいます。

調査の結果、玄関上がり框のブッロク基礎と判明


2.JPG

大引きにケレンがグサリと突き刺さります


5月24日(ムクドリ救出) [天井裏に落ち込んだ鳥]

本日のミッションは、天井裏に落ち込んだムクドリの救出作戦です。

何かが天井裏に居るので、対策して欲しい!と、問い合わせが入りました。

急に天井裏の動物が動き回る音が聞えて来るので、心配で成らない!との事です。

早速、点検に訪問しました。

天井裏を点検すると、入母屋根に巣作りしてる、ムクドリの雛が天井裏に落ち込み、出口を探して動き回って居ます。ダウンライトの明かりを頼りに、妻側から電気の有る、中央付近に設置して有る、ダウンライトまでやって来たのでしょう。

3.JPG

天井裏で捕獲したムクドリのヒナを、

仲間の居る巣へ戻すために大屋根までやって来ました。

2.JPG

入母屋根は破風板と瓦の隙間が空きやすく、

以前に補修の跡が有ります。

結局補修がいい加減だと、落下・破損して再侵入されてしまいます。

1.JPG

天井裏からも大量の藁葛が確認されます。

5月23日(コガタスズメバチ) [スズメバチ駆除]

本日のミッションはスズメバチ駆除作業です。

先日、キイロスズメバチが軒天井の中へ侵入を繰り返して居たので、コウモリ対策と同時に駆除をしましたが、天井裏は確認して居ません。

女王を粘着トラップで捕獲して、その後スズメバチが通うか?観察しましたが、一向にとびかく気配の無いので、女王が1匹で巣作りを始めた状況です。


本日は、小型スズメバチ駆除です。

IMG_5436[1].JPG

造り初めのコガタスズメバチの巣

IMG_5434[1].JPG

徳利をひっくり返した状態は、女王1匹で巣作りと子育て中の証拠

IMG_5437[1].JPG

中には卵を10個程産み付けていました。


5月22日(ヒラタキクイムシ) [桐材を加害する虫]

新築住宅の押入れやクローゼットに、調湿機能の高い桐材を使用される例が多く成りました。

桐の集成材は工場出荷時には加熱処理が施され、出荷時点では虫や卵の生存角煮率は殆どゼロに近いと言われています。


しかしながら、ホルムアルデヒド対策として新建材に使用される化学物質は制限を受ける様になりました。化学物質の使用に制限を受ければ、当然のことながら新建材に薬剤処理は施せません。

従って、出荷時に害虫の生存かゼロでも、流通過程や建築中にも害虫の侵入が起こり得ます。


この様は背景で、最近は構造用合板や桐の集成合板からキクイムシの発生事例が続きます。


本日のミッションは、キクイムシの現地調査と成りました。

6.JPG

春先に穴を空けて成虫が飛び出します

7.JPG

階段下のクローゼットに使用された桐の合板からキクイムシが出て来ました。

5.JPG

穿孔痕には黄な粉の様な粉末が穴の付近に噴出されます

5月20日(瓦に入る鳥対策) [防鳥ケラバ板金取付け]

春は鳥の営巣・子育て真っ只中です。

軒先でピーピー! 天井裏でギャーギャー!瓦の上でチュンチュンチュン!と騒がしく成ります。


本日のミッションは、スズメが瓦の下に入り営巣を防止する補修工事です。


3.JPG

瓦の破風側をケラバ部分t呼びます。 

このケラバの隙間からスズメが侵入し営巣・子育てを行います。

1.JPG

ケラバ板金(黒色)を取付けました。

4.JPG4.JPG

子育てが終わったタイミングでケラバ板金補修を行ないました。

5月19日(天井裏脱糞清掃・消毒) [ハクビシンが天井汚す]

本日は、天井裏の脱糞清掃・消毒作業です。

ハクビシンが天井裏に侵入し営巣を行うと、有る一部に溜め糞を行います。

タヌキ・アライグマ・ハクビシン等の小動物は縄張りを持ち、3箇所くらいのねぐらを転々と移動しながら生活あを行います。

1.JPG

和室天井裏に大量の脱糞が堆積

2.JPG

清掃を行った後には殺菌と消臭剤を散布します

3.JPG

天井裏の脱糞は土嚢袋2杯分にもなりました。

これでスッキ爽やかに梅雨時を迎えれます。

5月18日(タカラダニ) [大量の赤い虫発生!]

毎年この時期に成ると、大量の赤い虫が発生!の問い合わせが入ります。

一度気に成り始める、目につく赤い虫。

犬走コンクリート表面を忙しく走り回り、ブロック塀や基礎、サッシ回りの至る所で目につく様に成ります。

お家の中にも侵入し、書籍を開くと白いページの上を真っ赤な虫が動き回る。

潰すと真っ赤汁が出て来る・・・・その正体は、『タカラダニ』

宝だに!では有りません、タカラダニ ハングルでもありません! 

1.JPG

ダニの名前が付いていますが、人間を刺したり吸血を行う事は無いので心配ありません。

2.JPG

実際の大きさはこの位です。

一旦目に付くと至る所で動き回るのが気に成ります。

昨年は居なかった!と言われますが、毎年どこにでも発生して居ます。

気に成らなかっただけで、目につくと気に成る虫の一つとして挙げられます。


問題無いので梅雨明けにはスッカリ姿を消します。

未だ、謎に包まれた虫ですね!

前の10件 | -