So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

8月26日(チョウバエ発生源) [ユニットバスのチョウバエ棲みか]

本日の調査対象は、ユニットバスに発生するチョウバエです。

羽がハート形をしたグレーで、体長が5㎜~10㎜程度の大きさ、跳ねるよう飛び方そします。

排水管や浄化槽、側溝などが発生源と成ります。浴室ユニットバスでの発生では、排水管から侵入してくる事は考え難いので、やはり、ユニットバス本体が疑われます。

9.JPG

ユニットバスのエプロン呼ばれる、浴槽側面のパネルを取り外して調査です

2.JPG

パネルの裏側に付着した汚れを餌に、チョウバエの幼虫が生息しています。

4.JPG

浴槽の側面下部にも徐々に汚水が侵入し、ゴミが堆積し始めてます。

これらを栄養源にして一度発生すると、定期的に大発生を繰り返します。

やはり、これらの汚れを洗浄し、消毒が対応策と成ります。


8月24日(キイロスズメバチ) [40㎝超キイイロスズメバチ]

8月も後半を迎え、スズメバチ類は巣を最大に拡張を行っています。特に、環境の整った場所に巣作りしたキイロスズメバチは、1000頭の働き蜂を確保しいよいよ新女王を育てようとします。

5.JPG

8段目を拡張中のキイロスズメバチの巣は今期最大です。

1.JPG

戻りバチの数も半端ではありません。

2.JPG

天上裏に入れないので、開口しての駆除と撤去作業です。

3.JPG

完了後は原状復帰 ほとんど目立ちません[手(チョキ)]


8月23日(破風板の隙間にコウモリ侵入) [ケラバネット補修]

本日のミッションは、瓦と破風板の隙間に侵入するコウモリ対策です。

洋風住宅に侵入するコウモリは、換気ガラリ・換気見切に続いて、破風板と瓦の隙間に侵入する事例がベスト3です。

3.JPG

少しザラツキが有る破風板は、コウモリの爪が引っ掛かり易くコウモリ侵入の切欠に成ります。

コウモリ侵入個所は、脱糞が確認されたり、入り口付近に汚れが付着します。

4.JPG

侵入個所には出口専用の仕掛けを作成

2.JPG

侵入されては困る他の隙間は予めステンレスネットで補修


8月22日(コウモリ調査) [換気見切よりコウモリ侵入]

軒天井と外壁の取り合わせ部分に取り付ける換気見切

よくよく観察すると、10㎜×50㎜ほどの隋円形の穴が開いています。この部分からコウモリは、いとも簡単に軒天井内へと侵入してしまいます。

3.JPG

軒天井内から外部を見ると、こんな感じで隙間がよく解ります。

2.JPG

換気見切の内側(軒天井側)にコウモリの脱糞が溜まります

5.JPG

たまに天井裏にも脱糞が堆積します。


8月19日(シャッターBOXのハト) [ハト対策見積]

本日のミッションは、シャッターBOXのハト対策現調です。

工場内への飛来休憩及び営巣対策を行った現場へ、またまた鳩が飛来し始めました。

5.JPG

盆休み中シャッターで閉鎖されていたので、工場内へ入ることが出来ないハトは、

シャッターBOXの上に巣作りを始めました。

6.JPG

察したのか、こちらを見ています。

8.JPG

1個の卵を温め始めました。


8月17日(コウモリ調査) [面戸板の隙間からコウモリ侵入]

本日のミッションは、コウモリ調査です。

朝一番で知多市までコウモリ対策の初日に同行しました。外壁と軒天井の取り合わせ部分に設置して有る、換気見切のコーナーカバーにコウモリが侵入しています。

追い出しようの仕掛けを作成し、他の侵入していないコーナーカバーや端部は、予め補修を行い仕掛けから飛び出したコウモリが、再侵入しない様に補修を先行させます。

現場立ち合いを済ませ、地元に戻ってのコウモリ調査です。

2.JPG

和風住宅の軒下付近 脱糞が目立ちます。面戸板隙間からコウモリが侵入しています。

1.JPG

天井裏にもコウモリの脱糞が堆積し始めてます

3.JPG

2階の面戸板の隙間に侵入するので、1階の屋根の上にもコウモリの糞が落下しています。


8月16日(聴診器でスズメバチ調査) [壁面ない部のスズメバチ]

本日のミッションは、壁面内部に巣作りしたスズメバチ対策の現地調査に来ました。

キイロスズメバチが水切り板金の隙間から出入りをしています。

外壁はモルタル仕上げで、和風真壁(土壁)工法です。室内側はべニア下地に繊維クロス張り仕上げとなっています。

c.JPG

スズメバチの出入り口付近の内壁に聴診器を当てて、羽ばたき音や歯音を聴き取ります。

a.JPG

廊下には一部齧ったと思われる、木屑やルーフィングが落ちています。

b.JPG

水切り付近には既に門番が護衛をしています。

d.JPG

玄関天井裏からの調査では巣は見えません。

さて、壁の中に巣作りしていますが、外壁はモルタル仕上げ・・

内側は土壁と仕上げのクリス張りです・・・さてさて弱りましたね~。

何とか対策考えて対応しましょう!


8月14日(ベランダ下の空間にスズメバチ) [雨樋の隙間からスズメバチ侵入]

本日のミッションは、ベランダ排水ドレン管と1階軒天井の隙間から、スズメバチが侵入営巣した場所の駆除作業です。

夏季休暇真っ最中ですが、玄関脇のベランダ下で、テラスの屋根が有るので、玄関にスズメバチが迷い込む事も有り、急を要する事態だったので、時間の都合を付け処理に向かいました。

1.JPG

ベランダ下の軒天井を貫通した形で、ベランダ排水管が通ってます。

この隙間からスズメバチが侵入営巣を行ってます。

2.JPG

排水管と軒天井の隙間には、発泡剤を入れハチが飛び出せない状況を作り処理を行います。

3.JPG

軒天井側からみたらこんな感じで、ハチは飛び出し口が無く入口付近でダウン

 5.JPG

開口部を作成し巣を取り出します。

4.JPG

アルミ開閉式の点検工30㎝×30㎝を作成しました。


8月12日(発電所のスズメバチ駆除) [本日7箇所のスズメバチ駆除]

本日、山奥まで出かけてスズメバチ駆除作業でした。

今年は、やたらとスズメバチが巣作りして居て、本日訪問した現場も7箇所も巣作りして居ました。

2.JPG

法面の崩落防止の為に、コンクリート吹き付け処理を8月中に始めたい!との事ですが、

こんな場所にキイロスズメバチが巣作りして居ます。

1.JPG

今にも崩落しそうな岩場に巣作りしていて、取り付け道路からは18mは有ります。

高所作業車を持ち込みましたが、取り付け道路の勾配が急すぎて、高車は登れませんでした。

仕方ないので、あれこれ知恵と経験で駆除及び巣の撤去と戻りバチ対策を行いました。

3.JPG

発電所内の敷地にある立木のもキイロスズメバチです。

4.JPG

これも梯子では届きません。

9.JPG

高圧電線の鉄塔下ピットにも巣作りしてます。

5.JPG

こんな感じで作業を進めます。

6.JPG

山奥にある発電所の施設は、あちらこちらに色々と点在してるので、

施工箇所も多くなりますが、それにしても今年は以上に多い!と、施設管理関係者のお話しです。


8月11日(キイロスズメバチのお引越し) [キイロスズメバチの移動]

本日のミッションは、キイロスズメバチ駆除です。

『今朝、スズメバチの巣が2階の軒下に有るのに気付いた!』との連絡で、少しの時間を見つけ処理に向かいました。

数日前には無かったハズ!なのに・・・・との事ですが、この時期キイロスズメバチが巣ごと移動して、数日間で巣作りする事が有ります。

1.JPG

数日間で巣作りされた2階軒下へは、スライダーの梯子で対応します。

2.JPG

キイロスズメバチの働き蜂が、巣作りに忙しそうに動き回っています。

3.JPG

3層の巣房を完成させています。

これだけ働きバチの数が居るのに、巣の中にはサナギが見当たりません。

どこか巣作りしていた場所で巣が落下したのか、狭すぎたり環境が悪いと、

女王と羽化した働き蜂が一気に移動して、他の場所に数日で巣作りしてしまいます。

今回の施工は、女王を逃がさない様に巣ごと袋の中に落とし込み、袋の中で駆除します。

4.JPG

女王蜂は働き蜂に比べ一回り大きいです。見事にGET!です。


前の10件 | -