So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

4月21日(ムカデ返しを嫌うムカデ) [ムカデ返し強し]



基礎沿いにムカデ返しを取付けた後、SCキーパーに向かって突進するムカデ

キーパー内の薬剤に触れ、瞬時に拒否反応するムカデ!

最強のムカデ対策はSCキーパー ムカデ返しの取付けです。

nice!(1)  コメント(0) 

4月20日(アルミ笠木のコウモリ対策) [笠木のコウモリ侵入対策]

本日は豊川市にてベランダ笠木のコウモリ対策w行いました。

新築まもないお家の、外壁とアルミ笠木のちょっとした空間(10mm)に、アブラコウモリが飛来休憩を行い、毎朝の様に脱糞が確認されます。

新築1年を迎える前に、外壁が糞尿で汚れ無いようにする為、コウモリ対策を行ってます。

DSC00451.JPG

板金折り曲げ機にてステンレスメッシュネットを 補修する隙間に合わせて折ります

IMG_8105.JPG

外壁とアルミ笠木の隙間は10mm 30㎜巾のステンレスネットをコの字に10mmずつ折り曲げます

1.JPG

外壁ろアルミ笠木の隙間にはめ込んでいきます!

2.JPG

全体的に綺麗な仕上がりと成ります。

nice!(0)  コメント(0) 

4月19日(高山にてハクビシン対策) [天井裏清掃]

本日は高山市内まで出掛けての、ハクビシン対策初日です。

施主様が入院され、退院後は施設に入られて5年程経過して居るようです。

空き家状態が続くと、侵入音に気付く事が無いので、棲み付かれてしまいます。空き家問題は、小動物の棲家にもなってしまうのも課題の一つです。

1.JPG

断熱材の上一杯に堆積した ハクビシンの溜め糞

2.JPG

断熱材を撤去し脱糞を徹底的に清掃します

3.JPG

一段引く場所は絶好の溜め糞場所になります。

4.JPG

床の間の上もスッキリ綺麗に成りました。


nice!(0)  コメント(0) 

4月18日(SCキーパー取付け) [ムカデ返し設置]

本日は名古屋市内にてムカデ返しSCキーパーの取付けを行いました。

小高い山の上に建つ施主様宅は4面山に囲まれています。

施行中にもムカデが出現するナイスな現場環境なので、これからのムカデシーズを向かえると成るとそれは心配な日々が続くところでした。

1.JPG

別荘風の立地場所に建つ施主様宅 

ムカデ返しを取付ける位置に障害物が有ります

3.JPG

電機配線ボックスの位置をずらしSCキーパーを水切りの下に取付け

トレイの中にムカデ駆除薬剤を補填します。

2.JPG

薬剤補填後 カバーを取付ければ完成

これでムカデの侵入の心配から解放されます。

nice!(1)  コメント(0) 

4月17日(ムカデ定期メンテナンス) [SCキーパーの薬剤交換]

SCキーパー(ムカデ返し)を設置したお家の定期メンテナンスを1年に1回行って居ます。
SCキーパー内の薬剤は紫外線の影響を受ける事も無く、雨水が掛かる事の無いので最大2年程の薬剤効力維持す事は可能だと見ていますが、やはりムカデ嫌いに施主様が設されるので、1年に1度はトレイの薬剤交換と、外周処理に訪問させて頂いて居ます。
4.JPG
SCキーパーのカバーを取り外し内部の薬剤を入れ替えします
2.JPG
カバーの中にはヤモリが住み着いて居ました
1.JPG
外周全ての薬剤を入れ替えます
4.JPG
基礎外周にも粉剤・粒剤を使い分け処理を行いますが、いずれは雨で流れてしまいます。
キーパー内の薬剤は年間を通して駆除の効果を維持してくれます。

nice!(0)  コメント(0) 

4月16日(イタチ捕獲) [イタチの対策]

イタチの繁殖期が始まりました。同じ団地内で同時進行のイタチ対策を行って居ます。一度のお産で3~4頭程生まれる多産タイプのイタチは、ここ数年増加傾向に有り、冬場から春先に対策依頼が絶えません。

3.JPG

今回捕獲されたイタチ君 逃げ出そうと何度も追突したのでしょう!

鼻の辺りが真っ赤になって居ました。

4.JPG

出入口と成っている水切り板金したの隙間

6.JPG

床下から見た出入り口の水切り付近

丁度基礎のブランク部分を見つけて出入り始めた様です

nice!(1)  コメント(0) 

4月14日(最強のムカデ対策) [ムカデ返し取付けIN四日市]

ムカデシーズンを目の前に、最強のムカデ対策 SCキーパー(ムカデ返し)の設置を四日市市にて行いました。

今回は、玄関ポーチが鈍角に成って居るので、既存の出隅カバーが使用出来ません。

ジョイントカバーを加工して鈍角のカバーを拵えます。玄関ポーチはタイル貼りなので、目地の隙間からのムカデ侵入を防ぐ為に、SCキーパーを玄関ポーチに取付けた後、目地隙間をコーキングで隙間補填して侵入出来るブランクを無くします。

1.JPG

玄関ポーチの各直線部分にSCキーパー本体ベースレールを取付けます。

8.JPG

タイル目地の隙間にコーキングで隙間補填を行います。

玄関ポーチの場合は、本体レールの天場とタイルの端部もコーキング処理を行います。

上部のコーキング処理が完了させ、本体レールの下場もコーキング処理を行い隙間を無くします。

ベースレール下部 折り返しスペーストレイに薬剤(今回は粉剤使用)を補填します。

7.JPG

ジョイントカバーを加工して鈍角カバーを作成取付けます。

2.JPG

全体の仕上がりも満足頂ける物と成りました。



nice!(0)  コメント(0) 

4月12日(シャッターBOXのコウモリ対策) [シャッター内のコウモリ対策]

シャッターBOX内へコウモリが侵入する事例は多く有ります。

シャッターBOXへ侵入したコウモリは、BOX内の壁側にぶら下がり休憩するタイプと、BOX内から室内側へ侵入営巣するパターンとの2通りの生息行動が有り得ます。

一般的には、シャッターBOXは外壁を張り終えた後に、後付けで外壁の外側へBOXがくるタイプが多いですが、稀に柱の状態でシャッターBOXを取付け、後から外壁を張り付けるタイプとの2通りの施工体系が有ります。


前者にタイプのシャッターBOX内だけの休憩・繁殖は室内側へ迷い込んだり、飛び出す事は有り得ませんし、冬場は寒くて本来の棲家へ戻っていきます。

しかし、後者のシャッターBOXを先に取付けたタイプの場合は、僅かか10mmの隙間から壁の内部へと侵入し、通年を通して住み着いてしまいます。

シャッターBOXの外側に脱糞が落ちるだけで無く、最悪壁面内部にも脱糞が堆積してしまうので、早々のチェックと対応が必要と成ります。


本日は、シャッターBOXのカバーを取り外し、隙間のチェックと清掃及び出口の確保を行いました。

6.JPG
ビスを丁寧に取り外し、カバーを外していきます。
3.JPG
上部のカバーを取り外すとシャッター内部が確認出来る様に成ります。
7.JPG
正面のカバーも取り外しゆっくりとシャッターを下げて行きます
4.JPG
シャッター内の薄いプラスチックの奥に壁側の断熱材が見えます。
コウモリが2羽壁の中へと隠れてしまいました。


nice!(1)  コメント(0) 

4月11日(ハクビシン侵入口封鎖) [侵入口は徹底補修]

天井裏へハクビシンが侵入して棲み付いている様です。

侵入口はあちこち有る為に、スタッフ総がかりで封鎖作業を行い、1箇所の出口を作成して追い出しと、生息確認を行います。

2.JPG

束石のみの旧住宅は隙間が多く補修も工夫が必要です。

3.JPG

アルミサイディングをコンクリートビス止めしてセメンで固定します。

4.JPG

ブロックも採寸してカットしセメンで固定します。

5.JPG

コンクリートで固定した後土を埋め戻し、更にブロックでガードします。

6.JPG

元々設置して有った石を元通りに戻せば完成!ここはまず再侵入は無理でしょう!


nice!(0)  コメント(0) 

4月10日(イタチ対策) [イタチ侵入口補修]

本日のミッションはイタチ侵入口の補修作業です。

エアコン配管を通す為に、換気口がオープンな状態に成って居ます。この様な渋滞で、よくぞ今まで小動物が侵入し無かったものです。

使用しなくなったエアコンの配管が何本も有る為に、補修そのものがし難い環境に有る為、配管を撤去しての補修作業と成りました。

2.JPG

予め配管内のガスを抜き換気口の内側で切断します。

3.JPG

エアコン室外機はダブルタイプの大きな物なので、倒すのが精一杯でした。

4.JPG

この状態ならば補修は自由に可能と成りました。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -