So-net無料ブログ作成
検索選択

11月30日(格子の防鳥ネット) [縦格子に鳥の巣]

本日のミッションは、面格子の上部に営巣する鳥対策の為に、格子に防鳥ネットを取り付けました。

1.JPG

面格子の上部にスズメが巣作りします。

3.JPG

面格子に6㎜の防鳥ネットを半分取り付けた状態

4.JPG

全面取り付けましたがほとんどわかりません。

両側の壁面が少しだけ、黒く見える程度です。

これで、巣作りされる事は無いでしょう!


11月29日(イタチの足跡) [イタチ侵入相次ぐ]

本日のミッションは、天井裏の清掃と消毒作業です。

3月から取り掛かてたコウモリ対策がようやく完了し、最終的な補修と清掃作業を本日行いました。

一昨年の秋に点検を行い、コウモリが活発に飛び交う様に成ったら施工しようという事で、今年の春先に足場を掛け、東西の棟木・もや・軒桁に仕掛けを作成し、壁面内のコウモリ追い出し作業を行い、6月には足場解体を行い補修を行ないました。

超心配な施主様なので、慎重に慎重を重ね、夏場は南北面の面戸板の一部に出口を作成し、再侵入出来ない仕掛けでワンシーズン様子を見てもらう事にしてました。

飛び出して、新たな場所に住み着き始めたコウモリが、夜間捕食活動を終え、古巣に戻り外壁に止まります。その度毎に脱糞をするので、毎回心配されます。

そんな事は想定内なので、弊社独自に専用対策を講じ、脱糞を徐々に減らしていきました。

もやは、外壁周りでのコウモリもスッカリ気に成らなくなり、ようやく納得頂き、最終工事と成りました。

3.JPG

1階天井裏への侵入口が無いので、開閉式の点検口を作成します。

1.JPG

以前点検時に、コウモリの糞以外にイタチの糞が発見されていたので、

イタチ被害も心配されていましたが、幸いな事に徘徊した足跡のみでした。

2.JPG

ハツカネズミ・鶏の巣撤去・コウモリ脱糞清掃・・・・・

建物内への、害虫害獣の侵入は全てSTOP!完了

最終的に昨日同様 天井裏の消毒作業を来ない、完了しました。


11月28日(害虫消毒) [消毒散布作業]

本日のミッションは、害虫の消毒作業です。

駐車場に野良猫が侵入していた為に、猫ノミが室内へ侵入繁殖してしまいました。

天井裏にはネズミの侵入が確認されます。 

天井裏と居室内のノミ駆除・ダニ対策の消毒剤散布作業を行う事に成りました。

2.JPG

天井裏での薬剤散布処理を行います

3.JPG

天井裏は超微粒子にした薬剤を空間散布して時間と共に隅々まで薬剤を行き渡らせます

1.JPG

クマネズミが天井裏の一部に集中しています。

クマネズミはダニを媒介します。


11月26日(シロアリ被害重症) [大引きが崩れ落ちる]

本日のミッションはシロアリの被害調査と防除作業の見積です。

建築年巣はかなり経過しています。施主様には聞きませんでしたが、構造体の状況から判断すると60年は経過していると推測されます。

田舎造りの入母屋住宅ですが、床下の構造は昭和の初期を感じます。

1.JPG

大引きの一部が食害され崩れ落ちています

3.JPG

束柱も傾き 床が今にも落ちそうです

4.JPG

大引き・根太が太いものが使用されてるので何とか持ちこたえていますが・・・

シロアリ駆除工事は勿論ですが、これは大工工事が必要と成ります。


11月25日(イタチの侵入) [折半屋根の手仕舞の隙間]

本日のミッションは、ウジの落下調査です。

この時期に、テーブルの上に・フローリングの上に、蛍光灯の傘の中にへと、少しづつ出現したそうです。

ウジの落下原因は、天井裏への小動物(イタチ)の侵入が疑われます。

早速ちょうさを行うと、足跡が確認できます。

3.JPG

折半屋根の有る一部に足跡が残ります。

1.JPG

足跡の近くをちょうさを行うと、切羽屋根の端部の手仕舞が甘く、天井裏が確認できます。

2.JPG

断熱が踏付けらて居て、イタチ独特の臭いが漂います。

イタチは肉食の哺乳類故に、天井裏へカエルやヘビ、ネズミを持ち込んで食するので、

一部の死骸が残っているのに、ウジ虫が発生した状況です。