So-net無料ブログ作成

1月31日(コウモリネット施工) [コウモリ飛来防止ネット]

1月最後の寒い日に、コウモリネットバリア施工です。

温かくなると、ベランダに毎日コウモリの脱糞が落下してるお家です。

侵入箇所は棟木と破風板の取合せ部分の1㎝の隙間から侵入して居ます。

外壁はザラツキの多いサイディングにリシン吹き仕上げで棟木の両脇にも休憩します。

侵入していたコウモリ対策を終え、冬場のこの時期に、飛来休憩防止のネットバリアを施工します。

2.JPG

破風板からネットを垂らし壁側へ90度折り返して張り込みます

4.JPG

光線の加減でネットが引かtレ見える場合も有ります。

3.JPG

仕上がり綺麗で意匠性には何ら問題ないと思います。


1月28日(冬にムカデ返し取付け) [一足先にSCキーパー取り付け]

ムカデシーズを迎えるにはまだまだ早い、1月に一足早くムカデ対策SCキーパーの取り付けを行いました。

昨年9月に現地調査を行った現場ですが、3月に成るとムカデが出現する可能性が有るので、一足早くムカデ対策を行いました。

2.JPG

勝手口からの侵入を防ぐためにはSCキーパーが友好的です。

3.JPG

勝手口の蹴上がりポーチにSCキーパーを取付け完了

7.JPG

玄関ポーチはブロック塀が邪魔をしてます。

5.JPG

キーパーを取付ける為にブッロク塀をカットして台座を設置します。


1月27日(イタチがこっそり侵入) [食パンとおにぎり失敬イタチ君]

本日のミッションは、小動物侵入調査です。

台所のプラスティックケースに入れてたドーナツ2つが無く成って居たそうです。

数日後、同様のケースに入れてた、おにぎり2個が無く成ったそうです。

施主様にとっては・・・・・・???それも、2度目は白昼の出来事だったそうです。

早速、建築時の工務店に相談され、弊社への調査依頼と成りました。

3.JPG

床下を調査するとイタチの足跡が確認されます

2.JPG

台所から消えたおにぎりを発見

4.JPG 

食パンやドーナツを食い散らかした跡を床下で確認です。

肉食系のイタチもあれこれ食します。


1月26日(冬場のコウモリ対策) [軒天井のコウモリ]

本日のミションは、軒天井に住み着くアブラコウモリ対策です。

発泡ウレタンの吹き付け断熱工法の天井裏にコウモリが侵入し始めてます。

軒桁から侵入したアブラコウモリは、軒天井へと移動して住み着いています。

軒天井の中にはコウモリの脱糞が堆積し、軒天井に設けられた換気口からも零れるほどです。

冬場のコウモリ対策は、軒天井内にコウモリ冬眠の有無を確認しながらのチェックから始まります。

1.JPG

軒天井内に堆積した脱糞

2.JPG

掃除機の口が入らないので、細口の特性ホースで吸い出します。

3.JPG

軒天井内のバキューム状態はこんな感じで行われます

4.JPG

換気口が無い部分は板をカットして脱糞清掃を行います。


1月25日(換気口からイタチ侵入) [イタチ捕獲]

イタチ駆除の依頼が連日入ります。

換気口の僅かな隙間からイタチが侵入し始めています。調査時から1週間ほど経過している為に、施工時にいきなり補修する事は、閉じ込めてしまう危険瀬が有る為に、施工の初日は専用の出口を作成し、追い出し期間を設けます。

出入り口付近には囲いワナを設置して、同時に捕獲も試みます。

1.JPG

昨日出口を作成し、付近に設置したワナに早速捕獲されました。

3.JPG

これだけのスペースが有ればイタチの出入りは十分可能です。

4.JPG

中からは出て行く事は可能だが、外からは入り難い仕掛け5.JPG

試薬の粉が付着して無いので中から出たのではなく、外から帰って来たイタチが捕獲されました。