So-net無料ブログ作成

2月28日(サッシにコウモリ) [サッシに隠れるコウモリ]

本日のミッションは、サッシ窓枠に隠れるコウモリ対策です。

10年前にコウモリ対策を施工した物件に、新たな施主様が数年前からお住に成られました。

窓枠にコウモリの糞が堆積しているのを発見されて今回清掃と対策を仰せつかりました。

6.JPG

アルミサッシの上部、溝の奥に冬場なのに潜んでます。

5.JPG

このアルミサッシの枠の溝は深い様です

3.JPG

黒いアルミサッシに尿が付着すると酸化してコーティング層が剥がれてしまいます。

4.JPG

コウモリに退散して頂き、隙間にゴムパキングを取付けます。


2月27日(天井裏の異音調査) [天井裏への侵入物]

本日のミッションは天井裏の異音調査です。

昨年リフォーム工事を終えたお家で、何やら最近天井裏へ侵入ししているとの事で調査依頼が入りました。

既に施主様が天井裏に入り点検をされたそうですが、何も手掛かりも無く、天井裏も汚れなど目立った状況は確認出来なかったそうです。

ユニットバスの点検口を開け天井裏へと侵入してみます。

1.JPG

天井裏の梁の上に薄っすら堆積した埃の上に足跡が残ります

2.JPG

この特徴有る足跡はイタチですね!

4.JPG

侵入口はここが怪しいです

3.JPG

やはり配管取り込み口の縁が空いていました。


2月25日(ハツカネズミ対策) [ハツカネズミの侵入防止補修]

天井裏の脱糞を調査した結果、ハツカネズミの侵入が学人されました。

ハツカネズミは1㎝ほどの隙間が有れば侵入可能です。基礎換気口の鋳物の換気口の菱形の隙間からでも侵入します。隙間の補修は1㎝の隙間が空かない様に補修をしなければいけません。

本日はハツカネズミ侵入防止の補修を行ないました。

2.JPG

補修に使用するネットは、SUS0.4×16メッシュ 

腰が有って加工がし易く丈夫で長持ちします。

1.JPG

換気口もステンレスネットで補修します。

3.JPG

トタン壁と基礎の隙間をステンレスネットで補修して侵入を止めます。


2月24日(ネズミ駆除) [ネズミとの知恵比べ]

本日のミッションもネズミ駆除現場です。

連日ネズミ駆除現場が続きますが、季節がら、この時期最も多く成るのは、やはりクマネズミの侵入です。同様にイタチ駆除現場で毎日の様にイタチが捕獲されます。イタチも繁殖期を目前に向かえ、ペアリングの時期ともなるので。天井裏で求愛活動が行われる、室内犬などが大騒ぎをして夜通し泣き続ける事も有ります。

1.JPG

飲食店のバックヤード 天井裏からの配線を伝わり室内へと侵入します。

天井裏に閉じ込める事が無い様に、配線を伝わり降りれるようにトラップは配置します。

飛び降りれるスペースを確保し、次の一歩二歩で捕獲出来るようにしたいところです。

2.JPG

ベランダの横に開いた板金の隙間からも出て行けるようにトラップを敷設します。

3.JPG

トラップの縁に白い足跡を付けて出て居ます。

4.JPG

障害物のトラップを飛び越えたと思ったら、そこにも粘着が待ち構えていました。

ネズミ駆除は、知恵比べの連続です。


2月23日(ネズミの侵入口) [補修の気遣い]

本日のミッシンはネズミの侵入口封鎖です。

折半屋根の水切り板金に隙間が出来ました。

1.JPG

ALC外壁と水切り板金に隙間です

ビスは雨水の流入を避けるために、勾配を付けて切り込みます

2.JPG

流水を防ぐ為に、更にコーキングを打ちます

3.JPG

外壁へのビス止めは念には念を入れて補修を行ないます。