So-net無料ブログ作成

効果的なムカデ対策 [ムカデ返しの取付]

春がすぐs駒でやって来ました。

早覚めのムカデが冬眠を終え床下に侵入する前にムカデ対策

ムカデ返しを基礎に取り付ければ、ムカデの侵入を効果的のストップさせます。

1.JPG

基礎に設置するだけで ムカデの侵入を撃退させます。


3月31日(小動物侵入調査) [小動物侵入補修]

本日のミッションは小動物侵入調査です。

以前、アライグマが侵入し瓦屋さんに相談され、補修を行なわれたとの事です。

最近、また天井裏を何かが走る音が聞えたとの相談です。

先ずは補修された部分のチェックから始めます。

3.JPG

破風板の付根部分の補修は・・・・これは凄い!

2.JPG

破風板と瓦の隙間は金網が 突っ込んで補修

1.JPG

亜鉛メッキの金網は錆付いてますが、未だ穴は開いていません。

補修は極めてアバウトですが、以前の補修箇所からの再侵入は見られません。

以前補修対象外の4.5㎝の隙間からイタチの侵入が確認されました。


3月30日(害獣対策) [お寺の害獣対策]

本日のミッションは、お寺の害獣対策です。

以前、庫裏へのイタチの侵入が有り、捕獲と侵入防止対策を行いました。

今回は、本堂床下への小動物侵入防止補修を行なう事に成りました。

1.JPG

本堂の階段下は開放された状態で、人も楽々通過できる状況です。

新たな枠組みを作りステンレスネットを取付ける様にします。

2.JPG

見た目にスッキリと仕上げますが、ほとんど目に晒される場所では無いですね!

3.JPG

床下への出入り口は別枠を作り、ビス止めします。


3月29日(イタチ侵入) [イタチの巣穴]

本日のミッションは、天井裏井侵入する小動物調査です。

ユニットバスの点検口から天井裏の確認すると、足跡と脱糞からイタチの侵入が推測されます。

リフォーム後に敷き詰められた断熱材に、イタチ作ったの巣穴が確認されます。

1.JPG

断熱材の中央付近に丸い穴が空いています

2.JPG

ネズミの巣穴に良く似ていますが、

入り口がネズミの巣穴に比べて少し大きめで、

内部に脱糞をしません。

3.JPG

屋根瓦の上にはイタチの足跡が確認出来ます。


3月28日(ネズミ調査) [ネズミの足跡]

本日のミッションはネズミ侵入調査です。

リフォーム後、10年を経過したお家の天井裏にネズミが侵入し始めた様です。

他社が点検に来られ、直ぐにでも駆除工事をしなければ!と、煽られるように急かされ・・・心配に成り、も一度他社に相談を!と言う事で弊社の点検と成りました。

 天井裏の脱糞を確認すると、クマネズミの脱糞を確認。断熱材の営巣状況は、まだまだ徘徊侵入を始めたばかり。どうやら侵入を繰り返しながら、う回路を調査中の様子です。

クマネズミの場合はとても慎重派なので、う回路を数箇所確認すると営巣を始めます。

侵入箇所を調査します。

1.JPG

下屋根のもやに足跡が残ります。

2.JPG

玄関のもやにも足跡が確認されます。

3.JPG

入母屋屋根の破風板の下場 軒天井ともやの隙間からも侵入可能

瓦にも足跡が残っているのが確認されます。