So-net無料ブログ作成
検索選択

4月29日(ムクドリ対策) [ブルーの卵7個]

本日のミッションはムクドリ侵入営巣防止対策です。

毎年ムクドリが天井裏に営巣を行う為に、6月頃に成るとダニに悩まされるとの事。

今年もムクドリが天井裏に侵入し始めたとの事。 今年は雛が生まれる前に対策をお願いされました。

8.JPG

先日の見積時には卵は有りませんでしたが、本日7個の卵が確認されました。


9.JPG

巣を撤去搬出し土埃を手で掬い取ります

11.JPG

駒かい埃やダニはバキュームクリーニング

13.JPG

仕上げは消毒剤を散布して殺菌消毒して梅雨時を向かえます。



4月28日(横浜でのムカデ返しメンテ) [横浜でSCキーパーのメンテンス作業]

本日のミッションは、横浜市まで出掛けてムカデ返しSCキーパーのメンテンス作業です。

SCキーパーのトレイの中の薬剤は、雨で濡れて固まってしまう事も無く、4年経過した施主様宅もサラサラの状態です。

しかし、直射日光や雨が当たらなくても当然有効成分は分解する訳で、2年に一度は交換するのが望ましいです。


ムカデの多い地域では、毎年薬剤交換や外周処理を行う事で絶対数を軽減すれば、2年に一度のメンテンス作業で対応もOKでしょう。

4.JPG

4年経過したムカデ返しSCキーパー 

キーパー上部の水切り板金ともベストマッチして居ます。

1.JPG

古い薬剤はトレイ内に歯ブラシを入れてスライドさせれば、

あっという間に古い薬剤を清掃出来ます。

2.JPG

横浜は山際に建つ住宅街も多いようです。

これで、またムカデに対して安心して頂けます。



4月27日(イタチの調査) [イタチの侵入口]

本日のミッションはイタチ侵入調査2軒です。

近所の屋根に登るイタチを見た事は有るそうですが、まさか我が家にイタチが侵入するとは・・・との施主様からの声です。

2.JPG

施主様があちこち点検されても侵入箇所が分からないとの事で、

一番怪しい場所が給湯機の配管隙間です。

1.JPG

一見 イタチが侵入出来そうな隙間では有りませんが、

ステンレスカバーには汚れが目立ちます。

3.JPG

カバーがスライドするので、イタチが十分通過可能です。

内部のコンクリート基礎にも汚れが確認されます。

イタチの出入り口とみて良いでしょう。

4月26日(鈴鹿市でのコウモリ対策) [高所作業車でコウモリ対策]


本日のミッションは、三重県鈴鹿市まで出掛け高所作業車を使ってのコウモリ対策です。

ダインコンクリート外壁の凹凸部分と、軒天井の換気見切金具との隙間にコウモリが侵入します。

梯子では届かない場所が有るので、高所作業車を利用しての作業と成りました。

1.JPG

住宅街では2連梯子が掛けれない場所も有ります

4.JPG

隙間にはステンレスメッシュネットを利用して隙間に挿入します

3.JPG

コウモリの侵入箇所には、専用の出口を作成し、夕方飛び出すのを待ちます。

4月25日(面格子防鳥ネット) [春は鳥の巣造りシーズン]

春は鳥にとっては、巣作り子育てシーズンです。産卵の為には鳥の巣を作ろうと必死に場所を探します。

鳥の巣を造り始めたの気付き、巣を撤去したとしても翌日には巣作り開始して直ぐに造り直します。

撤去出来無い様な場所に巣作りされた場合は大変です。1.JPG

面格子の枠と軒天井のスペースえお利用して巣作りを始めました。

手の入る様な場所ではない為に、撤去が出来ません。

2.JPG

面格子を取り外して毎回清掃するのは至難の業です。

4.JPG

面格子に防鳥ネットを取付け巣作りを防止しました。