So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

7月13日(下呂市でスズメバチ駆除) [スズメバチ駆除]

昨年に比べ、スズメバチ駆除依頼が多く成ってます。

昨年、この時期には既に梅雨明けしてましたが、梅雨明け以降の高温と局地的な大雨で、上手く成長出来なかったのでしょう。

今日は、下呂市金山町へ出掛けてのキイロスズメバチ駆除です。

数年前にもスズメバチ駆除で訪問した、施主様宅ですが、今回は、妻側の一番高い場所に巣作りしてるとの事で、LINEで写メ送信してもらいました。[がまん顔](gasp!)

スライダーの梯子が届きそうに無い感じで、高車も(侵入禁止)侵入不可。

万全を期して、くしに向かいましたが、幸いに何とかスライダーの梯子での作業が出来たので、やれやれです。?

未だ未だ巣が小さい内に駆除作業が出来て、女王もシッカリGET(!)これでもう安心して頂けます。

施主様自ら(撮影)にご協力下さり、作業風景がアップ出来ます[手(チョキ)]? ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

B8A0CFF3-7F8A-43E4-9DD6-DAA138B8AC17.jpeg

スライダーの梯子でギリギリの高さです

84C4C513-10B7-4B34-BCB9-BD79D7ABECBF.jpeg

キイロスズメバチの第一陣は働きバチに羽化しましたが、

まだ蛹は出来て無いのでこれからどんどん増えるところでした。

BE5EBCE1-3646-43DE-8FEC-FC847FE3C1A3.jpeg

女王バチを退治出来ればOK 見事にGET!

nice!(1)  コメント(0) 

7月7日(花水木にミツバチ群がる) [ミツバチ駆除]

ミツバチがブンブン飛び交って居るとの事で、通行人が警察に通報されて、家人が気付かれた次第です。

流石に警察でも対応不可。
市役所に問合せされ弊社を知ったとの事。
人の往来のある所なので、いつまでも放っとけ無いので、何とかして!と、嘆願されましたので、休日ながら急遽対策に向かいました。

ミツバチの分蜂でも、最悪の状態で群がってます。
女王を中心に、球形になってぶら下がると、対策も一気に完了出来ますが、今回の様にハナミズキの幹に長く固まる場合は、刺激した途端に働きバチが舞い上がります。

ここは慎重に対処します!

という事で、30分も掛かってしまいましたが、無事完了!
5B298116-902F-4C20-AEB4-8FBFF812CCE5.jpeg2A1FDA56-FCD0-428A-B7FD-BEC17B41266D.jpegCD036F78-8E0C-4A41-8E91-9E5128FDB365.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

6月20日(建物外周処理) [クロアリ駆除]

クロアリが家の中へ侵入して来るのは、ひと昔前ならば日常的な事で済まされました。

しかし、最近では部屋の中をアリが歩く事は、考えれない!!とばかりに大騒ぎする時代になりました。

高気密・高断熱が売りの最新住宅ならば、尚更の事です。

いくら高気密高断熱住宅でも、アリぐらい侵入するの隙間は有り得ます。

さて、本日は公営住宅のクロアリ駆除作業です。

DSC01751.JPG


周りは雑木林。クロアリのみならず、

ムカデが出ても全くおかしくない場所です。

クロアリが侵入しても極当然の事ですが、

一応対策は完璧に行いました。

DSC01780.JPG

水溶性薬剤と粉剤・粒剤を効率よく散布します。


nice!(0)  コメント(0) 

6月20日(建物外周処理) [ソーラーパネルの恵み]

クロアリが家の中へ侵入して来るのは、ひと昔前ならば日常的な事で済まされました。
しかし、最近では部屋の中をアリが歩く事は、考えれない!!とばかりに大騒ぎする時代になりました。

高気密・高断熱が売りの最新住宅ならば、尚更の事です。
いくら高気密高断熱住宅でも、アリぐらい侵入するの隙間は有り得ます。

さて、本日は公営住宅のクロアリ駆除作業です。
築年数もかなり古く、周りは雑木林が有り有り[手(チョキ)]?
クロアリのみならず、ムカデが出ても全くおかしくない場所ですから、クロアリが侵入しても極当然の事ですが、一応対策は完璧に行いました。
CD5EF2FF-9A54-45CA-901A-ABCFBC0BF842.jpegB7A33A83-B0DC-41D9-9BAE-3A2BD92E7A8E.jpegB7916975-5C71-476D-A5DF-DEBC68B8A4C1.png
nice!(0)  コメント(0) 

6月9日(床板が下がる) [シロアリ現地調査]

畳床が沈むので点検して欲しい!との依頼を受けて、点検に出掛けました。

畳を上げて床板を見ると、使用されてるのは30年程前に多用された、圧縮ボード(パーティクルボード)だったので、湿気で緩んで来たんだろうな?と思いつつ、床下に入って点検すると・・・・アレアレ 垂木がシロアリ被害で効いていません。

大引も被害に合って、畳が下がるのも無理ありません。
シロアリ駆除は当然ですが、床下からの補強工事のご依頼も受け、おまけに2階天井板の補修もご依頼です。
弊社スタッフは、オールマイティーになんでもこなします!ご安心下さいませ[手(チョキ)]?
3D189A4E-8C09-4EEC-812D-9BF40226BD0C.jpeg97479DBA-F257-40DC-B40F-1C97A67FFD3A.jpeg91DFAA4A-D1D5-44B3-BBF4-F3765F1DBC2C.jpegD8C49506-94F8-46A9-97E6-2960003A8E92.jpeg
nice!(1)  コメント(0) 

6月5日(ソーラーパネル下のハト対策) [ハト対策]

今日はソーラーパネル下に営巣するハト対策行ってます。
ハトも必死で繁殖場所を探し、環境的に見ても、決して良い場所とは言えない様な所でも、営巣をする様に成りました。

屋根の上に設置された、ソーラーパネル下は、脱糞が増えるまで中々気付きません。
脱糞が増えた状態は既に繁殖が始まっていると見て良いでしょう。

本日の現場は、ハト被害多発地帯なので、施主様も早目に気付かれ、大惨事は免れました[決定]

ソーラーパネル下の脱糞と小枝を水圧で流して清掃。トリカルネットとマウントベースを、耐候性のインシュロックを用いて補修を行います。

保証は5年。対応年数10年大丈夫でしょう[手(チョキ)]?
1E320BBF-E449-4A96-B8BC-AB6091A15DA3.jpeg97193A31-BAB2-4A3B-B869-B6F210FB0121.jpegBD6B2DF7-8D07-4ED0-A060-1446C8E14B48.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

6月4日(破風板に止まるコウモリ) [破風板と瓦の隙間に侵入するコウモリ]

最近の新築住宅は、高気密高断熱工法が売りで隙間の無いお家が多くなってきました。ネズミなどは殆ど侵入する事なく快適に過ごされる訳ですが、建物内部への侵入が無くなっても、建物に棲みつく事が有るのがアブラコウモリです。

お洒落な外観を醸し出す新建材も、時として仇に成る事も有ります。
ザラザラな質感の破風板や鼻隠しは、コウモリが一旦止まるのにとても適して居て、爪が引っ掛かりやすいので、隙間が有ると、コウモリの休憩場所に利用されます。

1.JPG

破風板と瓦の隙間が10㎜以上有ると、標的になりそうです。

2.JPG

ステンレスネットを加工して補修を行います。

3.JPG

瓦の隙間の形状に合わせ補修材料を加工します。

4.JPG

ステンレスネットは風を通し、水は下へ流します。

何年経過しても錆びないので、自信を持って施工紹介出来ます。

5.JPG

破風板と瓦の隙間 ケラバ部分をネットで加工して取り付けます




nice!(0)  コメント(0) 

5月13日(害獣防除) [点検口作成して脱糞清掃]

今週は害獣防除作業が続きます。

ハクビシンとイタチが交互にやって来ては脱糞をしている為に、天井裏に小動物の糞が堆積し、天井クロスにはシミが滲んできました。

 

母屋と離れのつなぎの廊下天井裏は、絶好の棲家に成ってしまってます。

天井裏が低く、梁が邪魔して清掃が出来ないので個別に点検口を作成しながらの清掃を行います。

 

床下への侵入口も閉塞完了!

 

一箇所だけ出口を作成し、数日間様子を見て、最終補修を行います。

1.JPG

プラスターボードにクロス張り仕上げの天井は、

ノコを入れると真っ白な粉が部屋中に飛び散るので、

完全養生を行ってからカットします。

6.jpg

開閉式のアルミ枠を取り付けます。

2.JPG

メインの出入口はここ。小動物は余裕で出入りが出来ました。

5.JPG

正面出入口は閉塞し側面で出口を作成しコントロールします。

3.JPG

イタチの侵入を確認した土台上部の換気飾り板

4.JPG

裏側からステンレスメッシュネットで補修を行い見た目もスッキリ仕上げます。


nice!(0)  コメント(0) 

5月11日ALC壁面垂れ壁にコウモリ侵入 [コウモリの飛び出し!]

先日コウモリ調査に伺ったとある工場。

下が製品保管倉庫で事務所が2階に有りました。

そこに居られる従業員の方が、『夏に成ると、あの辺りから大量のコウモリが飛び出す!』との事で、会社担当者の方からの相談を受け、点検して来ました。


大量のコウモリが飛び出す場所を案内頂き、脱糞被害がすごいでしょう!?と尋ねると、『糞は落ちる事は無いですが・・・2階の階段上がりきった場所に数粒落ちています!』との事。


おかしいな?と、思いつつ点検すると、確かに大量の糞を発見!

脱糞被害に気付かれる事が無かった理由は、下に落下して居なかっただけの事で、途中に有るC鋼の中に脱糞が堆積しています!

2.JPG

C鋼を溢れる位置まで堆積したコウモリの脱糞

4.JPG

かなり前から生息し繁殖が繰り返されています。

3.JPG

途中の有る鉄骨は脱糞と尿で錆びてしまいました。

奥にぼんやりとコウモリの姿が現れました。

2階事務所廊下手摺の腰壁位置に当たる、

1階倉庫の垂れ壁部分の中にコウモリが住み着いていました。


nice!(0)  コメント(0) 

4月30日(床下の水漏れ) [ユニットバスからの漏水]

ゴールデンウイーク初日にシロアリ調査に訪問したお家で、シロアリ被害より漏水被害の発見と成りました。

玄関ポーチより羽アリが群飛したとの相談を受け、現地調査に向かいました。

早速床下に入りシロアリ被害のチェックを行いますが、軽量鉄骨造りの施主様宅は、床下でのシロアリ被害は見当たりません。

床下全体を隈なくチェックを行いますが、防湿シートの上に水たまり・・・・?!?!

4.JPG

軽量鉄骨造りの施主様宅は、ベタ基礎工法ではなく防湿シートでの湿気対策です。

防湿シートが土壌からではなくシート表面から湿気が帯びてしまいました。

3.JPG


どうやら原因はユニットバスの様です。

1.JPG

施主様のご協力を頂き、ユニットバスのバスタブの方でシャワーを流すと・・・

あら!排水ユニットが抜けています。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -