So-net無料ブログ作成

12月19日(イタチの補修) [イタチの対策]

イタチが天井裏に侵入し、徘徊を繰り返すために侵入口の補修を行います。

年代物の建物は、基礎が無いので栗石の上に土台が乗り、束柱も栗石の上に怒れています。

風通しが良いのは結構ですが、小動物が次から次へと侵入してきます。

木造の真壁(土壁造り)工法で有れば、柱と柱の壁に空間が出来ないので、床下へ侵入しても天井裏への侵入は起りえませんが、増築した場合、新しいお家のとの隙間が存在し易いので、何とか古いお家も防御策を講じなければなりません。

3.JPG

床下から既存板の隙間にサイディング材を取り付けます。

4.JPG

イタチは土を掘ってでも侵入するので、サイディングを土の中へ深めに埋め込みます

1.JPG

縁側の外面から補修を終えた栗石当たりを確認

2.JPG

垂木間の隙間はステンレスメッシュネットを入れ、風を通す様にします


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。